Q.当社は輸出加工企業(EPE)ですが、ベトナム国内に製品を販売できますか?

Q.当社は輸出加工企業(EPE)ですが、ベトナム国内に製品を販売できますか?

A. 可能ですが、一定の要件があります。

輸出用の製品を製造加工する
輸出加工企業(EPE)

輸出加工区(EPZ)などに設立され、海外輸出用の製品を製造加工する企業を「輸出加工企業/EPE」といます。本来は、製造した全ての製品をベトナム国外に輸出することが目的のため、ほとんどのEPEはベトナム国内市場への販売を前提にしていません。

しかし、ベトナムで長く活動しているEPEの中には、ベトナム経済のさらなる発展を期待して、国内市場への製品販売を検討している企業もあります。

EPE製品の国内販売は
輸出入取引とみなされる

法令上、EPEの製品をベトナム国内市場向けに販売すること自体は禁止されてはいません。しかし、物理的にはベトナム国内における取引であっても製品の輸出入取引とみなされ、その結果、通関手続が必要となり、輸出入に関する税金も発生します。

また、海外向けとベトナム国内向けの製品を分離して保管し、会計も区別しなければならず、さらに固定資産や設備などの流用も禁止されます。製造業に関するライセンスしか取得していない場合は、販売に関するライセンス取得も必要です。

したがって、これらにかかる手間や費用なども十分に考慮した上で、国内市場へ参入するか否かを検討する必要があるでしょう。

矢根 俊治
Yane Toshiharu

かがやきTNYリーガル代表。日本国弁護士・ベトナム外国弁護士。主な専門は、知的財産、労働・人事労務、企業法務・ベトナム新規進出支援、ODA・政府及び公的機関の調査など。

KAGAYAKI TNY LEGAL (VIETNAM) Co., Ltd.
メール:info@kt-vietnam.com
www.kt-vietnam.com

関連記事
Related Articles
Q. 従業員の定年や高齢者雇用について、 法律ではどのように規定されていますか?
2024.02.24

Q. 従業員の定年や高齢者雇用について、 法律ではどのように規定されていますか?

強制社会保険の一時給付金制度について
2024.02.23

強制社会保険の一時給付金制度について

税務署の担当者が突然来社! 罰金要求には、どう対応すべき?
2024.02.21

税務署の担当者が突然来社! 罰金要求には、どう対応すべき?

【JCCH】日越友好ソングプロジェクト 代表5人の出発式を開催・2023年12月3日(日)
2024.02.15

【JCCH】日越友好ソングプロジェクト 代表5人の出発式を開催・2023年12月3日(日)

【JCCH】JCCH懇親ゴルフ大会2023を開催 初のホールインワン達成者が登場・2023年12月3日(日)
2024.02.15

【JCCH】JCCH懇親ゴルフ大会2023を開催 初のホールインワン達成者が登場・2023年12月3日(日)